会社概要


ご挨拶


ご 挨 拶

 平素は格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。
当社は創業以来、環境に対する皆様方のご意見にお答えすべく日々努力しているところでありますが、近年の廃棄物処理法の改正等によりなお一層のリサイクルの推進やコンプライアンスの徹底等が求められております。

 処理業に関しましては、リサイクルの推進を踏まえて当社では幅広いリサイクルを目指し、従来は焼却処分もしくは埋め立て処分とされてきたプラスチック類、 木くず等につきましても2006年からRPF(固形燃料)工場を立ち上げました。お蔭様で、操業開始から7年目に入り、多くのお客様よりご支持を頂き、順調に稼動しておるところであります。
  さらに、昨今のエネルギー問題にも対応した、バイオマスボイラーの燃料として、製紙会社やセメント会社等に、再生可能エネルギーとして、化石燃料に変わる代替燃料として重宝頂いております。

 収集運搬業に関して、地球環境の負荷軽減への一助と成るべくバイオディーゼル燃料の使用やハイブリッドパッカー車の導入を進め化石燃料の消費節減にも努めております。
 また、よりお客様に適したサービスの一環と致しまして、計量器付パッカー車の導入を致しまして、お客様の目の前で、重量の把握をしていただくことが出来るようになりました。
 コンプライアンスの観点からは、中型車輌を導入し、過積載の予防に取り組みつつ、お客様のニーズにお答えできるように取り組んでおります。

 リサイクル業としましては、古紙のリサイクルはもちろん、古着(ウェス)・アルミ缶等の非鉄金属・更にはペットボトルを筆頭にした廃プラスチック類といった、素材ごとのリサイクルに取り組んでおり、再利用や再資源となるリサイクルに取り組んであります。
 これらも、地域の皆様・団体様のご協力により、成り立たせていただいております。

 今後益々注目されるであろう業界に身を置くことは、私自身引き締まる思いであり、社員一丸となって取り組んでいく所存です。

 今後もお客様のご要望に迅速かつ丁寧、確実に対応できます様また循環型社会実現のために、より一層努力していく所存です。

株式会社 杉本商事
有限会社 杉本紙業
代表取締役 杉本朝幸