設備紹介


処理工場 リサイクリング ファブリーク

株式会社杉本商事では、固形燃料化 ( RPF ) 処理を中心としたトータルリサイクル工場 ( リサイクリング ファブリーク ) を2006年12月に稼動いたしました。

新処理施設(外観)
リサイクリング ファブリーク(外観)
新処理施設(内観)
リサイクリング ファブリーク(内観)



リサイクリング ファブリークの詳しい説明はこちら>>


 

本社処理設備

株式会社 杉本商事では、梱包材・緩衝材・容器などに大量に利用されており、 不要になった発砲スチロールは粗破砕し、熱風を利用して減容しますので 排ガスも無害で地球環境にやさしいクリーンな処理を行います。

焼却炉 発砲スチロール減容器
焼却炉
発砲スチロール減容器

当社では無煙無臭および煤塵処理技術により、完全燃焼、 平成14年12月ダイオキシン類規正法に対応クリアーしております。


 

リサイクルアドバイザーとして

平和堂100余全店舗ゼロエミッション計画にリサイクルアドバイザーとして業務提携しております。

平和堂リサイクルセンター
平和堂リサイクルセンター